2018年11月15日

水乃博士の「水と緑の話」 紅葉と気温の関係

紅葉と気温の関係

水乃博士が上海に来て、秋なのにあまりきれいな紅葉が見られないことに不満である。
まず、カエデ系の立木があまり多くない。理由は、病虫害に強くないからだとわかっているが。
確かに周辺の平均気温は下がってきたが、たぶん紅葉に十分な環境になっていないのだろう…
ということで、今回の博士のお話は紅葉と気温の関係について、としましょう。

(上海市内の紅葉の様子、2018年11月13日撮影)
20181111_151556.jpg

紅葉の三大要素 ; (季節の見逃せない情報Follow nao参照) 
@ 最低気温が8℃以下になると紅葉が始まる 
A 最低気温が4℃以下になると紅葉が加速
B 春から夏にかけての日照時間は紅葉の鮮やかさに影響
気温の寒暖の差が大きくても、最低温度が8度以下にならなければ、紅葉はあまり進まない。また夜間の気温がおよそ8度を下回ると紅葉が進むが、さらに下がるほどに紅葉する。
夏に日照時間が多いと、紅葉の色を出す色素のもとになる糖分を生成する光合成が活発に行われる。
(Trill より )

(2017年11月、小浜の明通寺庭園)
20171111_095935.jpg


そして、紅葉が発生するメカニズムは以下の通り。
植物の葉の色を決める色素成分は、主に緑色のクロロフィル(葉緑素)、黄色のカロチノイド、赤色のアントシアニンの3つからなっている。
植物の葉には緑色のクロロフィル(葉緑素)と、黄色のカロチノイド(カロチン類とキサントフィル類)があるが、夏は光合成が活発に行われるためにクロロフィルがずっと多くて、葉は緑色に見える。しかし秋は気温が低くなるため光合成の働きが弱まり、クロロフィルが分解されて、カロチノイドの色が目立ち黄色くなる。イチョウやポプラのような落葉樹の葉が秋に黄色になるのはそのためです。(”紅葉と気象条件の関係 SKYDATA)

寒くなってくると、葉柄の付け根にコルク質の離層という組織が作られるために、葉の中の物質は茎に移動しにくくなり、光合成で生産された糖が葉に留まる。この糖からカエデなどでは赤い色素アントシアニンが形成されて葉は赤くなり、その後、葉は離層のところで切り離されて落葉する。
気象庁の定義では、各地方の気象台エリアに標準木を定めて、その木の葉の約8割が紅葉した最初の日を「紅葉日」、約8割が散った日を「落葉日」としているとか。

20171111_112549.jpg

ということで、現在の上海の気候ではまだ8度を大きく下回っていないので、カエデの葉の中のアントシアニンが十分に発色しておらず、きれいな紅葉になっていないということです。しかし、日中平均気温は20℃をすでに下回り、乾燥(栄養の濃縮)も進んでいるので、そろそろと期待していたものの、どうやら枯れと落葉が先に進行するのが例年のようです。
今年は、12月末に帰国となると、博士は大好きな紅葉の景色を見ることができそうにないということ、残念ですね…

ちなみに、楓の花言葉は、
調和。  美しい変化。 大切な思い出。 遠慮。 節制、自制。  とのことです。


(紅葉でヒットする商品とは)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

桐葉菓 15個入 賞味期限10日
価格:1950円(税込、送料別) (2018/11/15時点)

楽天で購入



posted by 水乃博士 at 17:15| Comment(0) | 水と緑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集