2018年06月23日

水乃博士の「水と緑の話」 空心菜を食べる

空心菜を食べる

水乃博士は、最近中国でよく食べているものに空心菜の炒め物がある。
20180620_184309kusinsai.jpg

空心菜とは、ヒルガオ科サツマイモ属の一年生植物または多年生ハーブで、雍菜yōng càiとも呼ばれます。主に、中国の南方の農家で野菜として栽培しているものです。塊根はなく、中空の茎で、 楕円形の楕円形または長い三角形の交互の葉。 花は通常白く、紫色やピンク色にもなり、7月から9月に開花。 種子には細い毛がある。味は甘く平らで無毒です。栄養成分には、タンパク質、脂肪、砂糖、無機塩、ナイアシン、カロチン、ビタミンB1、B2、ビタミンCなどが含まれます。

調理は、洗った空心菜の水をよくきり、ニンニク小口、唐辛子大切りを高温の油でいためておき、そこに小口に切った菜を入れて、軽く炒めるだけです。味付けは、塩かチンメンジャンがいいです。

日本でいう、ホウレンソウや小松菜の堅いやつを炒めた感じです。
とにかく安い、この一皿が10元(200円)! (地元の食堂です)
おかげで夕食はいつも食べすぎてしまい、博士は肥満に悩み始めました。
th.jpg


空心菜でヒットする商品?
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

空心菜の新芽(スプラウト) 12パック入
価格:1296円(税込、送料別) (2018/6/23時点)





posted by 水乃博士 at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集