2018年04月18日

水乃博士の「水と緑の話」肉食と水環境問題

肉食と水環境問題

「水と緑の話」を再開するのに時間がかかってしまい、すみません。
水乃博士は、ようやく今週から足場を中国に移して活動を始めました。
先ずは中国の水をきれいにしたいと思います。

さて今回は、人間の食生活の見直しに関わる、肉食と水環境問題について語ることにします。
牛肉1kgを作るために必要な水は 15,415リットル (94% green, 4% blue, 3% grey)、
豚肉1sを作るために必要な水は  5,988リットル (82% green, 8% blue, 10% grey)
鶏肉1sを作るために必要な水は 4,325リットル( 82% green, 7% blue, 11% grey)
卵1パック(1.6kg)を作るために必要な水は 1,960リットル( 79% green, 7% blue, 13% grey)
牛乳1リットル作るために必要な水は 1,020リットル (85% green, 8% blue, 7% grey)
牛革1s(革製ランドセル1個くらい)を作るために必要な水は 17,093リットル (93% green, 4% blue, 3% grey)
トマト1sに必要な水は214リットル(50% green, 30% blue, 20% grey)、
米1sに必要な水は2,497 リットル(68% green, 20% blue, 11% grey)、
パン1sに必要な水は1,608 リットル(70% green, 19% blue, 11% grey)です。
(Hope for Animals HP 環境と畜産より)

WaterFootPrintの考え方において、消費される雨水(green water)、灌漑用水(blue water)と投入後、環境中に放出された窒素とリンに対するgray water(希釈水)という区分けがあります。
Greenは自然で手にできる水を使うケース、Blueは人為的な回収、水処理を経た水、Greyは廃水、廃液が出た場合にそれを自然に返すために使う水です。
じつは、このGrey部分が本当にグレーであり、私のような技術者にはとても困るのですが、上記のデータを信じて話を進めます。
栄養素の話は措いておいて、牛肉1kgに水15トンというのはショッキングな数字です。
トマトを野菜の代表と見たとして中ぐらいの3個で、ドラム缶1本の200リットル程度ならば、それでも多いと感じつつ、0.5%という歩留まり?(水保存効率という)ながら、環境的には許せる気がします。
豚肉、鶏肉が1kgに約5トン。ドラム缶1本200L の水がわずか40gの肉にしかならないと思うと、悲しくなります。
米や麦1kgでは、2トン程度の水使用とすると、これは結構効果的な使い方なのではないかと思います。
肉食を博士が否定するのではありません。水環境という面からみると、この使い方は極めて非効率的かつ、環境にやさしくないことと感じます。また、飢餓貧困の問題からみれば、牛肉1kgに使う水量があれば、一般的な穀物ならば10kg程度は生産できるという乱暴な試算になるので、菜食主義、豆類信奉、雑穀主食などが行われるのもよくわかります。
人類が他の動物種よりはるかに増えすぎて、食物生産を行う以上は何処かでこうした歪みが発生するのは致し方ないにせよ、水処理技術者の立場からみて何とかもっとうまい水の使い方を考慮できないか、あるいは肉食のあり方を感情や宗教ではなく、栄養学的、衛生学的な見地から見直すことが必要だと感じました。
環境面では、リン、窒素、硫黄、炭酸、塩類の循環の偏りということになるのですが、水処理だけでの解決策は、見出せそうにありません。

では、次にわかりやすい指標となった温室ガス排出量を食品別に示します。
1. 羊肉 39.3 kg
2. 牛肉 27.1kg
3. チーズ 13.5kg
4. 豚肉 12.1kg
5. 鮭(養殖) 11.9kg
6. 七面鳥肉 10.9kg
7. 鶏肉 6.9kg
8. ツナ缶 6.1kg
9. 卵 4.8kg
10. じゃがいも 2.9kg
11. 米 2.7kg
12. ピーナッツバター 2.5kg
13. ナッツ 2.3kg
14. ヨーグルト 2.2kg
15. ブロッコリー 2kg
豆腐 2kg
豆(乾燥) 2kg
16. 牛乳(2%脂肪分) 1.9kg
17. トマト 1.1kg
18. レンズ豆 0.9kg  (NY GREEN FASHION HPより)
羊肉が意外な数字ですが、チーズの排出ガス量があまりに多いことに驚きました。こんな数字を見ていたら、確かに、菜食と豆類食を進めたくなりますね。

ことをひっくり返すわけではありませんが、肉食は美食文化であり、おいしい食事のエッセンスには違いありません。ただあまりにも生産効率が悪い・・・という言葉を残しておきます。
肉食でヒットする商品類:

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三育 完熟トマトソース 野菜大豆ボール 100g
価格:259円(税込、送料別) (2018/4/18時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三育 リンケッツ(小)190g (5cm x 12本入り)
価格:405円(税込、送料別) (2018/4/18時点)



posted by 水乃博士 at 15:32| Comment(0) | 水と緑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集