2017年11月23日

水乃博士の「水と緑の話」 中国の気候問題

しばらく水乃博士は、装置開発の仕事で石炭火力発電所におり、なかなか筆が進まなかったところで、Facebookにて、Newyork Times11.15の漢語板を読んで、急に転記と翻訳を思いました。

以下原文より要部の抜粋と部分訳
烧煤大国中国该如何应对气候议题
煤煙大国中国はどのように気候問題に対処するのだろうか
联合国−−仅仅一个月前,习近平主席在中国共产党代表大会上的一次划时代的讲话中承诺,中国将“引导应对气候变化国际合作”。
先月に习近平主席は、共産党大会で国際的な気候変動に対して中国が引導する事を承諾した。
但因大量烧煤而导致今年碳排放量预计上升的中国,能否真的做到“引导”?
这或许要看中国如何应对一个充满矛盾的气候议题。
今年さらに炭酸ガス排出を増やした中国がどうしてこの気候問題に立ち向かうというのか。
别的不说,作为人口最大国和碳污染最大国,至少中国正如期实现自己在巴黎气候协定中的承诺;而美国则表示要退出这个为遏制气候变化的严重危害而制定的全球性协定。アメリカは、世界協定から脱退した。
而中国也没有像美国那样,在本周コ国波恩的联合国气候大会上借机宣扬使用煤炭,引来众人嘲讽。
可见,衡量的标准非常低。
跟踪中国的能源专家表示,本周在全球碳计划(Global Carbon Project)上发布的排放量比之前高是在预期内的。在三年的稳步下降之后,中国的工业排放预计在今年将有所上升,这反映了一个有中国这种规模和抱负的国家要限制煤炭的使用是多么困难。 工業的な炭酸ガス排出は増えており、石炭の使用を制限することは困難と見えるにだが。
专家们紧盯着的是中国往后几年内的排放趋势,以及中国是否会在美国撤退的时刻升级自己的气候目标。
专家表示,中国自身就有着充足理由去−−最终−−抛弃煤炭。中国领导人面对着国内要求减轻空气污染的巨大政治压力,因此淘汰煤炭也符合政府利益。
中国国内での空気汚染を抑制するために政治的な圧力をかけるらしい。
“中国国内对空气质量的关注与它的气候承诺是一致的,”美国劳伦斯伯克利国家实验室(Lawrence Berkeley National Laboratory)的中国专家林江说,该实验室代表美国能源部开展研究。“要减少空气污染,中国必须放弃煤炭。这点毫无疑问。要考虑的是快慢问题。”
但减少排放量并不是那么简单,尤其是对一个有14亿人口的国家来说。道路可能会曲折,可能每年有高有低,研究和倡导组织“自然资源保护协会”(Natural Resources Defense Council)北京办公室的中国项目气候与能源政策主任林明彻(Alvin Lin)说,而中国更是肯定有更多波折。他说,在他看来,今年预测的上升是一种“反常”,反映出中国经济有所长、能源密集型建设项目激掾C以及没有充足的雨水供给中国另一个主要的电力来源−−水力发电厂。
总而言之,他认为中国走在正轨上。
“在政府如何定方向、定目标、定政策这方面,我觉得他们做的是正确的,”林明彻在波恩联合国气候大会上说。“我们希望看到排放量直线下降,但只要你制定了对的政策并坚定支持这些政策,就算一年年下来偶尔会有回落,但长期往复总能看到结果。”
无论如何,中国的气候议题都不那么简单。
中国の気候問題は易しい対応はではない。
中国是世界上最大的煤炭消耗国。即使中国在国内已逐渐淘汰了煤电厂,但在为了扩大中国国际影响力的“一带一路”倡议下,它正在国外建造煤电厂。同时,中国也积极接纳新能源:中国是电动车产量最高的国家,还提出要建设全球最大的碳交易市场。中国は、世界一の石炭消費国だ。まず石炭火力発電所をやめる、しかし“一帯一路”政策では、国外で火力発電所建築をしている。同時に、中国は電気自動車の生産が進んでおり、そのために最大の石炭貿易市場といえる。
绿色和平中国(Greenpeace China)的李硕表示,预期的排放长不会影响中国减少国内排放、加强外交手段的总体轨迹。外交手段として“绿色和平中国”と提示している。
“中国可以继续在全球气候谈判中扮演领头的角色,尽管排放量会有短期长,但这是暂时的,”他说。
在全球气候谈判中还有一件事情不太明朗,就是中国领导人是否真的希望成为全球气候领导者。在10月的党代会上,习近平在发言中谈到了“自我封闭”。这是对美国的一种敲打,但他并未提及中国将如何填补这个空缺。
习近平只表示,中国会信守承诺。但即使各国都遵守自己在巴黎协定中的承诺,地球的温度按照预期仍会上升3摄氏度或更多。这不足以消除气候变化带来的最具灾难性的影响。
中国がパリ協定を認可すると各国も了解し、3度の温度上昇の歯止めになるだろうか。
石炭.jpg

どうやら、中国は国内の大気汚染問題の解決と、地球温暖化問題とを、同じテーブルに置いて、パリ協定をテコにしつつ、政治的な圧力をかけるようだ。
おそらくは、発電所での石炭使用の禁止、鉄鋼業での石炭、コークスの使用低減、などを進め、水力発電、原子力発電に移行しつつ、当面の産業振興になる電気自動車の生産を推し進めるのであろう。

本来ならば、石炭の使用方法(粉体使用、ガス化;日本ではガス化が多い)を変える、石炭の品質を向上する(中国は低品位炭;褐炭の使用が多い)、排ガス処理の設備を強化する、などの技術的な解決策があるのだが、おそらくは、石炭禁止・・・だろう。
現在、水乃博士は石炭火力発電所向けの排水処理装置の開発を行っており、日本国内では重要な意味のある仕事なのだが・・・




posted by 水乃博士 at 23:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集