2017年05月22日

水乃博士の「水と緑の話」カリウムの働きについて

カリウムの働きについて

水乃博士は、以前からカリウムの細胞における働きについて疑問があり、どうもパッとした説明がなされていないことに、気づいていた。
最近の食品の機能性についての研究から、このカリウムが浸透圧の調整機能という点から、神経作用や、血圧調整、老廃物の排泄といった重要な機能に関りながら、まだ十分な摂取量についての答えが出せない、つまりそれほどに出入り量がナトリウムとのバランスの中で不安定だとのことらしい。
そこで、博士が調べて理解した範囲でお話をしてみたい。

まず、カリウムの働きとは、
・細胞の浸透圧を維持し、水分の調節をする
・筋肉や神経の働きを正常に保つ
・食塩(塩化ナトリウム)を体外に排出する
・腎臓の老廃物の排泄を促す
そこで、カリウムが不足すると体の中の水分が細胞外や血液にしみだしてきて高血圧の原因となる。カリウムとナトリウムは細胞の水分のバランスを調節する働きをしている。

カリウムが不足すると起きる症状とは、
1.疲れやすい。 2.筋肉痛やけいれんになりやすい。 3.めまい。 4.便秘になりやすい
5.不整脈。 6.高血圧
細胞の外側に多いのがナトリウム、内側に多いのがカリウムということ。浸透圧の考え方で、ナトリウムを多くとると細胞外の濃度が上がり浸透圧が上がるため、水を細胞内から引っ張って高血圧になる。一定以上のカリウムがあると、腎臓でのナトリウムの排出を促進する。さらに、カリウムは腎臓の酵素に作用して、血管を広げる物質を分泌、これらの働きによって、血圧を下げる。   (HP:タイケンダンより)

より詳しく、某論文から解説を重ねると、
ヒトの体にはkg当たり3 gの塩:NaCLが含まれている。体重70 kgの人では210 gの塩が含まれていることになる。ナトリウムに換算すると83 gとなる。
 カリウムはkg当たり2 g含まれており、塩化カリウムに換算すると3.8 gとなるので体重70 kgの人では266 gの塩化カリウムが含まれていることになる。
ナトリウムとカリウムは体の中で拮抗的に働いている。ナトリウムは細胞外液で濃度が高く(カリウム濃度は低い)浸透圧を支配し、カリウムは細胞内液で濃度が高く(ナトリウム濃度は低い)浸透圧を支配している。ナトリウムとカリウムよって細胞内外の浸透圧が等しくバランスしているので、正常な細胞形状を維持でき、細胞は正常な機能を発揮できる。
 ナトリウムは細胞外液量を調節している。摂取されたナトリウムを排泄できないほど腎臓のナトリウム排泄機能が低下していると、細胞外液中のナトリウム濃度が上昇し、ナトリウム濃度を下げようと水が入って血液量が増えるので、血管内の圧力が上がり、血圧が高くなる。この状態が続くと高血圧症になる。
  他にナトリウムとカリウムは酸・塩基(アルカリ)平衡を維持する。体液の酸・塩基状態を表すpH値は非常に狭い範囲内に維持されており、そこからpH値が酸性側、アルカリ性側にずれると、身体に重要な障害が現れるので一定に維持することが重要となる。また、いずれも神経刺激を伝達させる。神経細胞内へこれらのイオンが出入りすることにより細胞膜を挟んで膜電位という電位差が生じて刺激が伝わっていく。筋肉運動が起こる仕組みである。カリウムは心筋の収縮運動を支配する機能を持っており、一定に維持されている細胞外液中のカリウム濃度が何らかの原因で高くなる現象が起こると、高カリウム血症となり心臓が停止することもあるので、腎臓機能との関係で摂り方には注意が必要だ。
 腎臓の糸球体でナトリウムとカリウムは血圧によりろ過されるが、ほとんどのナトリウムは再吸収されて、摂取量に見合った量だけ排泄される。このときカリウムはナトリウムの再吸収を抑制する働きがあるので、結果的にナトリウムが排出される。
(たばこ塩産業塩事業版2010.4.25塩・話・解・題61,橋本壽夫
「 ナトリウムとカリウムの働きと血圧に及ぼす影響」)

なお、カリウムが多く含まれる食品とは?
1.里芋やサツマイモなどのいも類
2.アボカドやバナナなどの果物
3.納豆や豆腐などの豆類

 さて、分かったような、分からないような説明だ。細胞内にはカリウムが多く、このカリウムが細胞内の水分量を調整している。細胞の外側にはナトリウムが多く、このナトリウムが細胞外の水分量を調整しており、細胞内の水分が減り細胞外の水分が多くなる;ナトリウムの量が多いと、血管での水分上昇つまり高血圧になる。しかしこれらは相対的なバランスといえる。

なお、カリウムも、ナトリウムも水溶性が高いうえに、他のイオン類との化合もするためにつねに補充;食品として摂取しつつ、そして保有量のバランスをとることが体内で行なわれている。
「日本人の食事摂取基準」の2010年版で、ナトリウムの1日当たり目標摂取量は男性で3.54 g(食塩換算で9.0 g)未満、女性で2.95 g(食塩で7.5 g)未満と定められた。カリウムについては男性で2.8-3.0 g(塩化カリウム換算で5.35-5.73 g)、女性で2.7-3.0 gとなっている。
というが、体内の調整機能はおそらく個人差とその体調に依存するために、こうした数字もあまりあてにならないと感じる。

現代の食事は塩NaCLに偏っているので、カリウムを含む食品を積極的にとり、体内の水バランスを調整できるようにしましょう・・・ということ。博士としては、物理的な浸透圧の話に持っていけないのが、もどかしい説明だ。

カリウムに関する商品類:




こんな、生活の科学に関するご相談がありましたら、水乃博士にどうぞ。
mazazaz88@gmail.com
AZUMA, または 東雅 
posted by 水乃博士 at 16:55| Comment(0) | 水と緑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集