2017年05月10日

水乃博士の「水と緑の話」マンゴー大好き

マンゴー 大好き

水乃博士は、フィリピンに2年ほど駐在していたことがあって、その頃よりマンゴーが大好きだ。なんと、住んでいた家から50mほどのところにマンゴーの木が数本生えており、雨季になると枝にたわわなアップルマンゴーが実るのだ。もちろん、とり放題、食べ放題。
そのときのとり方は、バスケットボールを持ってきて、欲しい熟しつつあるマンゴーを打ち落とすという乱暴な収穫法。その木は、だれが面倒を見ているというわけでもなさそうで、果樹にしては3m以上にも成長していて、手が届くところには実が無いのだ。
 その頃知ったのが、青マンゴーの漬物や炒め物がうまいこと。
もちろん売れたマンゴーはそのままでうまいのだが、青いというよりも博士が間違って打ち落とした青マンゴーを、近所の子供たちはみな拾って家に持って帰るので、どうするのだ? と近くのメードに聞いた答えが、肉とスライスした青マンゴーをいためるとうまいという話。早速自宅で試したというわけだ。

 懐かしい話をするのではなくて、今日はマンゴーの栄養と健康食品としての効果の話をするのだった。

マンゴー(檬果、芒果、学名: Mangifera indica)は、ウルシ科マンゴー属の果樹、またその果実。菴羅(あんら)、菴摩羅(あんまら)ともいう。マンゴーの栽培は古く、紀元前のインドで始まっており、仏教では、聖なる樹とされ、ヒンドゥー教では、マンゴーは万物を支配する神「プラジャーパティ」の化身とされている。 (Wikipedia)
20161008_193145.jpg
マンゴーには、美肌効果、がん予防、貧血予防、便秘改善、高血圧予防、動脈硬化予防、 脳梗塞予防、心筋梗塞予防などの効果があるといわれる。
青いうちは、ビタミンCの含有量が多く、熟すほどにベータカロチンの量が増える。
マンゴーに多く含まれる栄養素について:
ビタミンAは、目に必要な栄養素といわれる栄養素。視覚や細胞分裂にかかわるほか、抗酸化作用で体内の酸化を防止します。
βカロテン(プロビタミンA) : 体内でビタミンAに変化してビタミンAの働きだけでなく、強い抗酸化物質で体が酸化されるのを防ぎ、生活習慣病を予防します。
「目の疲労」「ドライアイ」「皮膚の保湿」「花粉症の予防」「免疫」「老化防止」「癌を抑制」「虫歯菌の増殖を抑える」「動脈硬化」「心筋梗塞を予防」
葉酸: 赤血球を作るのを助けDNAの構成に関与する働きがあると確認されている。
「胎児神経管閉鎖障害発症予防」「妊婦の栄養補給」「授乳中のママ」「肌の弾力」・「肌のツヤ」「美肌への効果」
フラボノイド、エリオントリン:ポリフェノール最大の特徴はビタミンCやビタミンEなどとは異なり、細胞間の水溶性部分、脂溶性部分、細胞膜でも抗酸化効果を発揮。
「老化予防」「糖尿病」 体内活性化などを助ける働きを持つ。
(ビンゴマンゴー)

赤道近くの国々の人たちがマンゴーを毎日のように食べ、庭にも木を植えるのには、こうした健康上の理由もあるということだ。博士は、マンゴージュースが日本でも飲みたくなり、かなり多くの海外食品扱い店を回り、安くておいしいジュースを探したことがある。しかし、フィリピンで飲んだあの100%マンゴージュースは無く、大抵リンゴやパイナップルが混ざっているのだ。
やはり、マンゴーは日本では高級品なのかなあ。

水乃博士は、熱帯の果物が大好きで、マンゴー、パパイヤ、ドリアン、マンゴスチン、ドラゴンフルーツなど、楽しい話題がたくさんあります。
そんなお話もこれからしていきますね。
mazazaz88@gmail.com
Dr.Azuma,
東雅

マンゴーでヒットする商品群







posted by 水乃博士 at 14:12| Comment(0) | 水と緑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集