2017年04月30日

水乃博士の「水と緑の話」 シリカ

健康ブームとアンチエイジングにシリカ

水乃博士が、前回コラーゲンの話をしてから、かなり多くの人よりアンチエイジング効果のある食品素材についての疑問が寄せられていた。そのなかに、このシリカ(珪素)がある。
シリカとは土、砂、植物、水などに豊富に含まれている天然ミネラル。骨、皮膚、爪、髪の毛などにも存在している。地球上で最も多い元素は「酸素」だが、次に重量が多いのは土や岩、植物、水などに含まれるシリカだ。

なぜ、いまシリカが注目されたのか?
体内に含まれるシリカは肌の保湿、骨や毛髪、爪、コラーゲンの再生などを手助けし、健やかな素肌や強い骨、しなやかな髪には、シリカの働きが関係している。
シリカを多く含む食品: ワカメの茎、アサリ、昆布、大豆、ゴボウ
なかでもワカメのケイ素含有量は4.8mg/100gと、特に多い。大人が1日当たりに必要とするケイ素は9mg。
真皮は、コラーゲンが網目状の構造を作り、それをエラスチンがつなぎとめることで弾力を生み出している。コラーゲンやエラスチンを束ねる役割をになうのがシリカ。コラーゲンと結びついたシリカは肌の隙間を接着剤のように埋め、コラーゲンの密度を高める。これが、肌の保湿力を保つ。肌密度を高めるシリカの働きが重視されている。
世界の長寿村の水を調べてみると、平均してシリカが1リットルに20mg 以上含まれていることがわかった。日本のミネラルウォーターには、その半分の約10mg 程度のシリカが含まれている。水中のミネラル成分としては、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの重要性が認識されているが、シリカについてはほとんどご議論されてこなかったようです。
鹿児島の地層はシラス大地。シラスとは、何万年も前の火山灰で、主成分はシリカ(ケイ酸)。九州の大地で育った野菜はシリカを多く含んでいることになる。
シリカを多く含む食品を一覧化した。
穀類;キビ…500、小麦…160,トウモロコシ…20、玄米…5、精白米…0.5
野菜類;ジャガイモ…200、アスパラガス…18、赤かぶ…21
魚介・海藻類;あお海苔…62、ひじき…10、乾燥わかめ…7、あさり…2。
シリカの含有量は穀類、特にキビや小麦に多い、主食を精白米から玄米へ変えることは比較的実現しやすいのではないかと思う。各々の食材に含まれるシリカの量はそれほど多くないので、日頃の食生活からシリカ摂取を試みるならば、含有量の多い食品を意識的に摂る必要がある。
(出典コラーゲンの次はこれ!海外セレブが夢中なもの [美ログ] スキンケア大学)

ということで、シリカはコラーゲンの保湿、肌の健康維持を助ける作用が認められているようだ。しかし、摂取するには、かなりの量のシリカ水(鹿児島などの井戸水)を多く取ることが必要であろう。
こんなお話が聞きたい方は、博士にどうぞ連絡をください。
mazazaz88@gmail.com
Azuma Ph.D.

商品には;





posted by 水乃博士 at 16:19| Comment(0) | 水と緑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集