2017年03月12日

水乃博士の「水と緑の話」人工知能により仕事の47%が無くなる?

今日は、水乃博士がずっと気にかけてきたアメリカの「人工知能が経済・社会に与える影響について」の報告に関して、少し考察してみたい。
労働環境の自動化が米国の労働市場や経済に及ぼす影響を明らかにした・・・といわれる。
A・オズボーンの分析データが、労働の分類を行い、オートメーション化により消失するであろう仕事が、全体の47%と報告している。時給20ドル以下の仕事の83%はAIが優勢、40ドル以上の仕事の4%も、という。
さて、時給20ドル以下とはどういう仕事か?
電話交換手、文書の整理係、旅行代理店員、工場組み立てラインの工員、タクシー運転手、バス運転手、トラック運転手、駅の売店員、レジ係、・・・などが、リストアップされていた。
入力などは最初に人がして、コンピュータが判断し、ロボットが動作し、カメラで確認して、仕事が完成すれば、確かに労働の場はない。
細かい数字はともかく、予想値として50%の仕事がAIで無くなるとしたら、その労働失業者はどうやって生活するのだろうか。過去の機械化によって約6%の労働者が、職を変えてきたようだが、50%の比ではない。
労働市場が小さくなるということは、生産費用が減少する、産業の固定費用が下がり、生産品の価格が下がる。つまり、経済的な規模の縮小が予想されて、労働の対価も減少することになるはずだ。40ドル以上というのも怪しくなるわけだ。
労働、仕事の意義、意味合いも、変化して来るのだろう。所得格差の拡大という問題が、議論されているようだが、そんなことよりも、自由な時間を得られた後の人類の生活様式を、デザインすることが重要だと感じる。
しかし、本当にAIが必要となる仕事がそんなに増えるのだろうか?もし機械が壊れたら、全く生活ができなくなる怖さがやってくるのだ。
便利だと言いながら、気が付けば仕事を取られて、給与は下がり、時間を持て余し、緊急時には何もできない。そこまでも、AIが考えて助けてくれるのだろうか。
この考察は楽しいが、残念ながらあまり明るい未来を描けそうにない。

こんな議論をしたい方がありましたら、水乃博士にどうぞ・・・
mazazaz88@gmail.com

posted by 水乃博士 at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集